えっ?実質無料で住宅修繕!

えっ?実質無料で住宅修繕!                   



火災保険を使って住宅の無料修繕が出来るのをご存じですか?

火災保険は火事になった時しか使えないと思われていますが、火災保険の多くは日ごろの雨、風、雪や落雷、台風、地震による自然災害にも保険適用されます。
火災保険に対して「どのような目的で、加入をする必要があるのか?」と
いった疑問を持つ方も多いのではないでしょうか?

火災保険とは                   


火災保険は損害保険の一つで、災害による建物や建物内の家財などの損害を補填するための保険です。
通常火災保険は、火事になった時しか使えないと思われていますが、火災保険の多くは日ごろの雨風や雪による自然災害でも保険適用されます。

 どうしてこの仕組みを利用しない方が多いのか

保険の契約条項は複雑なので、自然災害(風災害など)や落雷などに使えることを知らない人がほとんどです。
また、建築と保険の専門的な知識が必要となるため、お客様個人では申請することはかなり困難で適応されることが難しいのが実情です。

 保険料があがることはあるのか

火災保険には自動車保険のような等級がないため、保険金の支給を受けても保険料が上がるという心配はありません。

適用されれば実質負担0円                   


支給された保険金範囲内の修繕工事を行いますので、実質負担での修正工事が可能です。

※保険金支給の判断はあくまで保険会社によるものですので、当協会は修繕工事費を保証するものではありません。
※屋根などの調査箇所を故意に壊すことは違法となります。当協会は一切そのようなことを行っておりません。
※お客様が加盟している保険の種類によっては、申請ができない場合がございます。気になる方は、お電話にてお問合せください。

 対応している保険

民間の損害保険会社、JA、共済保険、全労済など

保険が適用できる被災箇所                   



 風災


【板金屋根】
風災で傷んでしまった貫板と棟板金を全て新しいものに交換し、釘の頭をシーリング処理しました。

【瓦屋根】
風災によって剥がれてしまった漆喰もご覧の通り。今回はお客様のご希望により白い漆喰から黒い漆喰に変更しました。

 雪害


【カーポート】
強風で割れてしまったカーポートを全てはずして骨組みだけになりました。新しいポリカーボネートをはめて、カーポートの修理完了です。

該当する被災箇所                   



火災保険適用工事の流れ                   


調査費・保険申請費・工事費などのお客様負担は一切ありません。

 1.無料調査依頼の申し込み


 2.現地調査・申請書類作成

屋根診断など、現地調査の経験豊富なスタッフが対応いたします。調査費は一切いただいておりません。調査後は写真の診断書を作成し、しっかりわかりやすくご報告いたします。

 3.保険の申請

申請に関するフォローアップはすべて無料となっております。協会のサポートスタッフが、ご不明な点、お手続きのご連絡などをお電話でフォローさせていただきます。

 4.保管会社による審査・査定

※場合によっては鑑定人による現地調査が行われる場合があります。

 5.お客様へ保険会社より災害保険金の振り込み

※減額及び不支給なども含め、お客様より実費負担いただくことは一切ありません。

 6.保険適用工事

※工事は当協会が指定する提携施工会社となります。
※事故の一方などの保険申請手続きはお客様に行ってもらいます。

まとめ                   


保険金の請求は、日々保険料を払っている被保険者として然るべき権利です。自分が加入している契約内容を確認し、どこまで損害が補償されるのか知っておく必要があります。多種多様な補償が用意されている火災保険ですが、これを機にその補償範囲と活用方法を確認してみるのはいかがでしょうか?
一般社団法人
日本住宅保全協会代理店
株式会社 ライフスタイル総合研究所  TEL:03-3449-1021
〒141-0022 東京都品川区東五反田1-10-9 STビル3F


火災保険を活用した建物修繕ビジネス                   




意外と高い被災率

大型台風、強風、大雪といった自然災害で所有アパートの屋根や雨どいの被害が多く確認されています。
屋根は容易に登って確認することができず被害が見過ごされています。

下矢印

なんと築15年以上の住宅の約7割で、自然災害による被害が確認されています。
【※(一社)日本住宅保全協会の過去の実績から】

屋根・雨どいの被災事例


煉瓦の損壊 棟板金の浮き・メクレ
カラーベスト破損 軒どいのゆがみ
カーポートの破損
屋根や雨どいに、写真のような被害があった場合、雨漏れの可能性が高くなりますので、早期に工事が必要です。
今加入している火災保険の「災害補償」を適用することで、実費負担を極力減らした保険工事が可能になります。


現在の火災保険の役割


火災保険は、万が一火災になった時に支給される保険であると同時に、風災、雹災、雪災などによる屋根や雨どいの損壊・破損に対しても保険金支給されるため、総合的に住宅を補償する保険です。

下矢印

火災保険は住宅を総合的に補償する保険
当協会が申請手続きを一括サポート

火災保険金支給による工事事例

築年数   28年
保険会社  A社
被災内容   大雪による雨どい破損、強風による板金の浮き
保険申請額 1,389,544円
保険支給額 1,030,000円

メモ
調査から、保険金の支給まで1カ月弱。
保険修繕工事とともに、足場を組んだついでに外装塗装まで行えた。

オーナー様の声
すべて自腹だと思っていた工事が保険金でまかなえて、大変感謝している。


不動産会社様のメリット

1.売上・利益の向上
物件をご紹介いただき保険支給につながると、不動産会社様に紹介手数料をお支払いします
2.リフォームの受注率アップ
保険工事の他、外壁塗装の受注などが可能になります
3.オーナー満足度の向上
住宅の診断は無料で行います。オーナー様にご提案するだけで喜ばれるサービスです。


オーナー様のメリット

1.無料の住宅診断
住宅の無料健康診断を受けることで住宅のリスクを早期に発見し資産価値を維持することができます。
2.保険金を活用した工事
支給された保険金を活用して、雨や雪などによる 屋根・外壁の修繕工事が可能となります。
3.煩わしい保険手続きをサポート
面倒な保険手続きは、日本住宅保全協会が一括でサポートしますので安心してご利用いただけます。


ご加入中の火災保険を活用でき、新たに加入する必要はありません

火災保険を活用しても、支払う保険料が上がることはありません

火災保険の申請は、3年前まで遡って申請することができます


一般社団法人日本住宅保全協会 概要

活動理念

崩れる新築神話
新築至上主義の日本。
住宅業界は『建てては壊し』を繰り返してきました。
ところがいま、このビジネスモデルが大きく崩れようとしています。
高齢化社会や人口減による空き家問題や、人の首都圏集中による地方の過疎化など、新築を作れば売れた時代が過去のものとなりつつあります。
今後ますます既存戸建てをいかに長く大切に守っていくか、ということが求められる社会の中で、われわれは独自のアプローチでお客様の期待に応えてまいります。

大型化していく自然災害の脅威
2018年の大阪を襲った超大型台風や各地で頻発する地震など、昨今では自然災害の脅威が増しています。多くの住宅が強風などによる
自然災害によって傷ついているにもかかわらず、修繕費用が捻出できず傷んだ住居にお住いの方がまだまだ多くいらっしゃいます。
情報不足により苦しんでいる多くの方に、適切な火災保険の活用を啓蒙していくことが、われわれの理念です。

実績(2019年4月現在)

火災保険の申請サポート実績は国内1位
火災保険申請をサポートする企業・団体は国内に複数ありますが、日本住宅保全協会は所属会員数・保険申請件数・保険金支給総額・サービス・品質、すべてにおいて業界1位の団体です
■所属施工会員数:175社
一部を除く全国の優良リフォーム会社と関東を中心とした不動産管理会社と代理店契約を結び、全国のお客様に火災保険の適切な活用を前提としたリフォーム提案を行っております。
■平均年間サポート数:2500件
全国の代理店および協会本部に寄せられる保険申請のサポート件数は年平均で2500件を超えており、その多くで保険支給が認められており、同時に被災場所の修繕も適切に行われております。
■年平均保険支給額:10億
協会がサポートした保険申請により、10億近い保険料の支払いにつながってますが、それでもまだ火災保険加入者の全体のわずか数%にすぎません。

一般社団法人
日本住宅保全協会代理店
株式会社 ライフスタイル総合研究所  TEL:03-3449-1021
〒141-0022 東京都品川区東五反田1-10-9 STビル3F