桐温熱ベッド よくある質問

1.桐について

なぜ桐はあたたかいの?
同一状況下で桧、ナラ、セラミック、桐の温度を上げた場合、25~36℃(常温~体温)に温まると、桐が最も遠赤外線を輻射しています。
桐を温かいと感じるのは桐の遠赤外線の温かさです。
※40~55℃と高温の場合、トルマリンをはじめ鉱物鉱石から出る遠赤外線の輻射量は高まります。

桐の温かさが体の奥までしみ渡る感じがするのはどうして?
桐の木は多孔質で、木の60%が空気層です。
その空気層の中には適度な水分が蓄えられ、遠赤外線の熱が輻射されるときに、この水分をほど良く含んで出てきます。
この水分が含まれた熱を「湿熱」と呼びます。
湿熱とは、例えば蒸しタオルを連想してみてください。蒸しタオルを肌にあてると気持ちがいいですが、あの蒸しタオルから水分が抜けて乾燥していたら、決して気持ちがいいとは思えません。
熱に水分が加わることで熱がマイルドになり、しかも身体の奥まで水分が熱を運んでくれます。
※こたつや暖房の熱は水分を含まず乾いている「乾熱」です。乾熱は湿熱に比べて、身体への刺激が強いので、ストレスとなり筋肉を緊張させてしまいます。

桐の温かさが優しく感じるのはどうして?
桐の木の波長は9.4μHz(マイクロヘルツ)で、人の皮膚と同じ波長です。
同じ波長は反発せずに同調しますので、無防備でいられます。
つまり桐の上に寝るということは、赤ちゃんがお母さんの胸の中で眠る感覚に似て、包まれるような安心感があります。

桐の産地はどこですか?
中国です。

どうして日本の桐を使わないのですか?
私たちの暮す日本は世界でも有数な森林国で緑も豊かです。
しかし、50年以上も国全体が公害に汚染されてきたため、空気や水を通して大量のVOC(化学物質)が木の中に蓄積されてしまいました。
現在、国内の木中のVOC量は昭和5年の約10倍とも言われています。
そのため、敏感肌、呼吸器系の弱い人はその木中のVOCに反応をしてしまうことが多くなりました。

どうして中国の桐を使うのですか?
安全と安心にこだわったからです。
私どもは、中国の中でも西300km以内に工場のない無公害の土地で植林を行い、無農薬で育林した桐だけを使用しています。
さらに桐を製材する過程で重要なアク抜きを丹念に行い、木の中を清潔にしているため、人に優しく安全で、使うほどに木の味わいが出てきます。
このアク抜きをしっかり行うと、桐の調湿作用が正常に機能します。
私どもの桐は100%管理された最高級品です。
※ホームセンターや建材店で売られている価格が安い中国桐の99%は、日本の輸入業者が利益確保のため時間もコストもかかるアク抜きを漂白で済ませています。
漂白で表面だけきれいにされた桐の中には、漂白剤が入り込み健康を害する恐れがあります。
木の中にはアクが残っていますと、年数とともに黒くシミとなって現れ、虫が付きやすい原因にもなります。
そうなると桐本来の機能は発揮されません。

桐は軽いけど強度は大丈夫?
桐の木の60%が空気層ですので、非常に軽いという特長がありますが、ねばり強いというもう一つの特長も持ち合わせています。
私どもの桐材は自動車が踏んでも折れないほどの強度があります。
やわらかい木ですので、多少傷がつきやすい面もありますが、切傷にはサンドペーパー(紙やすり)、押傷には家庭用アイロンをかけることで復元できます。
※傷をつきにくくするために、自然塗料を薄く塗ることもできます。
※一般に市販されているベッドは、傷が付きにくい固く冷たい素材を選んでいますが、一度傷が付くと修復が難しいものが多いようです。

火事の心配はないの?
通常、木材の着火点温度は250~350℃ですが、桐の場合450℃と木の中でも一番燃えにくい木です。
また火災時の有害物質は出てきません。