発行

カンナビノイド(CBD)コーディネーター募集

新しい研究によると、21歳以上の米国の成人の約40パーセントが、正しい条件下でCBDを探索する意思があることを示しています。

ある調査結果による米国の 消費者に関する研究は、大麻に含まれる治療用化合物であるCBDを含む製品に対する国内の消費者の関心の高まりを定量化した最初のものです。

CBDは、発作性障害に関連する症状を軽減することが証明されており、そして不安、疼痛、鬱病、不眠および他の健康状態に関連する問題に取り組むことが知られている。

このレポートは、現在および将来のCBDユーザーの行動、製品およびフォーマットの設定、および人口統計を理解するための基礎を築きます。この調査には、 に関心を示している米国の消費者が含まれ、大多数(64%)が 35歳以上、女性(56%)、大学での経験(79%)を持っていることがわかりました。

これらの潜在的なユーザーにとって、CBDを試す主な動機は、製品へのアクセスの容易さ(42%)、公平な研究の利用可能性(44%)、そして医師の推薦 (34%)です。

潜在的なユーザーが考えるかもしれない製品の中で、チョコレートや焼き菓子のようなアクセシブルなフォームは丸薬やカプセルのようなおなじみの 製品に似たタイプと共に高くランク付けされます。

弊社では、今後2~3年の間に、日本においてもCBDに関する大きなビジネスチャンスの波が来ることを確信しており、その際の受け皿として、正しいCBDに関する知識、及び製品選びをコーディネート出来る人材、パートナーを募集しております。

是非、この機会、このタイミングにご参加頂ける方のアクセスをお待ちしております。

~お問合せフォーム~