私たちは、わがまちだけのあまり知られていない観光資源(独特の風土や伝統文化、産物、無形のおもてなしなど)を認定する事業をはじめました。会員のみなさまの参加によりふるさとを再発見して地域を活性化し、日本を元気にしていきたいと考えています。私たちの活動にぜひご参加ください!お待ちしております。

事業内容


 NPOの事業内容
1.“オンリーワンのまち”認定事業
わがまちだけのあまり知られていないユニークな観光資源(独特の風土や伝統文化、産物、無形のおもてなしなど)を会員のふるさと再発見によって発掘し、“オンリーワンのまち”として当NPOが認定する事業です。該当する自治体などに対し認定証を発行いたします。
これまで7件の認定を致しました。

・認定第1号 平成24年度:千葉県鎌ケ谷市殿:「雨の三叉路」
・認定第2号 平成25年度:静岡県御前崎市観光協会殿:「海・風・波 地形を生かしたまちづくり」
・認定第3号 平成26年度(1):栃木県日光市日光殿堂案内協同組合殿:「堂者引き:世界遺産、日光の社寺、文化的景観の構成要素としての観光ガイド」
・認定第4号 平成26年度(2):東京都「界隈を勝手に応援する協議会」連合会殿:「料亭・芸妓・日本食類」総合文化保護・育成
・認定第5号 平成26年度(3):長野県上伊那郡飯島町観光協会殿:「ふたつのアルプスが見えるまち南信州・飯島町がもたらす自然の恵みを生かしたまちづくり」
・認定第6号 平成27年度(1):NPO法人かやぶき集落荻ノ島殿:「荻ノ島集落における茅葺集落の保存・活用のための取組み」
・認定第7号 平成28年度(1):群馬県嬬恋村殿:『嬬恋村におけるキャベツを活かした農業と観光の共存によるコミュニティづくり』

今後も年数件程度の認定を行っていく予定です。

2.研修会等の開催
観光の最前線で活躍するキーパーソンによる研修会やセミナー、シンポジウムなどを開催し勉強、研究する場を提供します。そこでは、オンリーワン相互の情報やコンセプトの交換、感動の共有など活発な活動が行われます。
これまで当NPOでは既に6回、研修会等を開催してきました。
これからも全国各地で年数回程度研修会等の開催をしていく予定です。

3.地域活性化のための支援事業
知られざるふるさとの再発見と発掘により、スポットを浴びることでヒト・モノが動き地域活性化に繋がります。

4.観光イベントの企画及び支援
観光の最前線で活躍するキーパーソンによるイベントの企画、提案、実施、支援を行います。

5.観光振興に必要な事業
“オンリーワンのまち”サミットの開催等。