心に七色の虹を!!
誰にも、うまい下手にとらわれず夢中でお絵描きした『あの頃』があったはず・・・
あの頃思い描いた『夢』、あなたにしか出せない『色』、あなたにしか出来ない『生き方』を、7色アートと一緒に、思いっきり表現してみませんか?

  • 学び多き、ディズニー遠征^ ^

    2016年10月13日



    先日、運転手として午前2時起きで、大事な5名の命を車に乗せてディズニーシーへ。

    義理のお姉さんから、毎年お誘いを頂いていたにも関わらず、金欠病でいつも見送っておりましたが、今回は覚悟してYESの返事。

    よく出かける神社仏閣、歴史巡りに比べて『夢と魔法の国』は、不得意な世界ですが、

    可愛い娘や甥っ子姪っ子たちのために一肌脱いだ次第です(^ν^)

    世間では『夢と魔法の国』というものの、魔法の力でお札にも羽が生えて、一瞬で飛び立ってしまう私にとって恐怖と冒険の地でもあります^_^;

    到着すると先ず、駐車料金3000円(いつの間に値上りしてる!?)という、

    背筋が凍りつく様なアトラクションが待ってました^ ^

    そして午前中は、台風の様な大雨による、ダイナミックなウォーターショー…>_<…

    30分ほど屋根の下で雨宿りをしたのですが、雨が吹き込んでくる状況の中、ひとりのスタッフさんが

    「お姉さん、強いから守ってあげる\(^o^)/」

    と両手を広げて、壁になってくれました^ ^

    他にも退屈を凌ぎにスタンプカードをくれたりして、ずぶ濡れの子供達の笑顔を守るために温かい心遣いを施してくれました(^ν^)

    その優しさはまるで女神のよう…

    寒さに耐える子供たちに、成長を感じる事もできた有難い雨でした。

    日向花さんは、絶叫系のアトラクションに挑み、私の腕にしがみ付きながらも逞しさを発揮v(^_^v)♪

    従兄弟のミーちゃんが買ったネコのぬいぐるみを、日向花さんも欲しくて欲しくて、

    しつこくねだられていましたが、4000円弱という手が出せないお値段(つД`)ノ

    本人は絶対に諦める気配はなく、それを来月の自分の誕生日プレゼント(欲しい物は申告制)にすると言い切ります。

    そこまで言うなら買ってあげてもいいかなぁ…

    けど、このまま与えるのは惜しい…

    せっかくだから…

    『9歳から自分の洗濯物を畳んでタンスにしまう』

    というお手伝いの条件をつけました。

    (損得感情で動く大人に育つので、条件を付きは良くないとされるが。)

    やっと買ってあげようと決めると、細いけど太っ腹のお姉さん(バレリーナ)から、なんと半額支給ありm(__)m

    さらに『お手伝い宣言』を動画にバッチリ収めて決意を固めた日向花さんでした。

    あれから3日経ち…

    彼女は、ぬいぐるみ(メアちゃん)を可愛がりながら、何も言われなくてもお手伝いをしてくれています。

    これも魔法なら消えないで…

    と願いつつ、褒めてあげられる事が1つ増えて嬉しいです^ ^

    いろいろと収穫の多かったディズニーシー。

    楽しみと修業の地になりました^ ^

    不動の自分を目指して、次回に臨みたいと思います(^o^)/

    P.S 見慣れない彼は、兄夫婦の家でホームステイ中のポルトガル少年16才。
    名はバスコ、将来の夢は軍人。とても優しくいい子です。
    時々登場しますので、よろしくお願いいたします!