心に七色の虹を!!
誰にも、うまい下手にとらわれず夢中でお絵描きした『あの頃』があったはず・・・
あの頃思い描いた『夢』、あなたにしか出せない『色』、あなたにしか出来ない『生き方』を、7色アートと一緒に、思いっきり表現してみませんか?

  • 60年の時を超え、人生を繋ぐノルディックウォーク!

    2016年12月17日



    先日、2日間のノルディックウォークのインストラクター研修を受けました^ ^

    コーチは、70歳現役サーファーのタキさん(髙橋さん)。

    遠く滋賀県からの受講生もあると思えば、目が合えば火花を散らす、犬猿の仲の私の父もいました∑(゚Д゚)

    (一緒に収まった写真は珍百景^^;)

    実はタキさんと父は、昔この辺りの悪ガキ代表で、今年の夏に60年振りの運命の再会を果たすことに。

    2人はあの頃に返ったように、3日に一度はどこかでツルんでいる様子(=´∀`)人(´∀`=)

    学年2つ上のタキさんは、板屋町で無敵のガキ大将で、2年後にその座を狙っていた父は、

    子分を引き連れて決戦広場に行くも、タキさんの姿を見つけると、

    「ヤバい!セッちゃ(タキ少年)だ!他へ行くぞ!」
    とコッソリ退散していたそう^^;

    後に父は、柔道部で力をつけ、レスリングでは軽量級で日本チャンピオンになり、

    世界選手権に出場(オリンピック手前で首を痛めて引退、現在は日本拳法)に至りますが、

    ガキ大将闘争ではタキさんにだけは勝てず、投げ飛ばされていた悔しさがバネになったようです。

    60年経っても、父には怖かった大将への絶対服従の精神が体に染み付いており、

    タキさんが「右といえば右!赤といえば赤!ノルディックといえば、ノルディック!」

    ということで、この度の受講に。

    研修では、アクトタワー周辺を巡り、絶景の佐鳴湖一周(6キロ)をしながら歩きの基本を学びました^ ^

    浜松にこんなに素晴らしい景色があったんて!と新たな魅力にふれ、

    『歩く』ってこんなに深く楽しいものなのか^ ^

    と新鮮です\(^o^)/

    浜松、この街から起こる、健康革命!!

    そして2人の『ガキ大将物語』はこれからも続く!!

    ところで…

    何で私がノルディックって?

    フフフっ^ ^

    それは壮大な夢と繋がっているんです^ ^