心に七色の虹を!!
誰にも、うまい下手にとらわれず夢中でお絵描きした『あの頃』があったはず・・・
あの頃思い描いた『夢』、あなたにしか出せない『色』、あなたにしか出来ない『生き方』を、7色アートと一緒に、思いっきり表現してみませんか?

  • 神の宿る、いろはにほへとちりぬるを…

    2017年4月7日



    いろは呼吸書家、山本光輝先生による『原点回帰展』(~9日まで、小国神社)にて、

    『いろは・ひふみ呼吸書法』を体験させて頂きました^ ^

    『いろはにほへと』の順に、

    例えば『い』だったら、

    「いーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(うぅ、苦ピ~!!)」

    と声を出しながら息が続く限り『い』を書いてゆきます。

    筆は天のエネルギーを下ろす受信機となり、息を出し切ることで、

    悪いものも吐き出し、体と魂は浄化されるそうです☆彡

    頭はスッキリとして、体はポカポカ…

    自分の字の下手さ加減には、心で大笑い!!

    日本人の使う『アオウエイ』のご母音は、宇宙や自然と調和する音だそうで、

    日本人が穏やかで調和型の性質であるのも関係しているようです。

    逆に、子音を使う国々は、調和しにくく破壊的になりがちだとか…

    ご指導くださった塚本さんのお話に、目から鱗がポロポロでした。

    和歌に親しみ、日本人の情緒を養ってきた『いろは』。

    戦前までは、それを用いて言葉を教えていたものの、

    戦後はGHQの手によって『アイウエオ』に変えられてしまったそう。

    (そうだったのか…取り戻さなければ…)

    ところで、山本先生の書に手をかざすと、ビリビリモヤモヤと、凄いパワーを感じます。

    このお方は、いったい何者…!?

    畏れ多くも、合気道7段、合気道開祖、植芝盛平先生の直弟子とのこと。

    天と地の「気(エネルギー)」を合わせて「合気」?

    と、いうことなのでしょうか…

    いつか山本先生にお会いするチャンスがあったら、お聞きしてみようと思います(^ν^)