2018年8月19日


【高志塾の速読紹介】vol.3

“速く読む”ことに必要な力って?
今回は、速読で“どんな力がつくのか”を知るために、速読に“どんな力が必要なのか”について、考えたいと思います。
人間の体も、他の動物の体も、普段必要とされる部分や力は発達し、そうでない部分は小さく弱くなってゆきます。
それと同じことが、速読においてもいえます。
当たり前ではありますが、速読トレーニングでは“文章を速く読み、問題を解くのに必要な力”が付くのです。

では、どうすれば文章を速く読むことができ、問題を速く正確に解くことができるのでしょうか。
答えはたくさんあろうと思いますが、ここでは僕が考える“8つの力”をもとに、お話を進めさせてもらいます。



上の図では、僕が思う速読に必要な"8つの力"を列挙し、分類しています。

青い丸が文章を“読む”力。つまり、文章を素早く読み、内容を理解し、それを頭の中に残しておくのに必要な力です。
黄色い丸は問題を“解く”力。頭に残った文章の内容をもとに、与えられた問題を解くのに必要な力です。

次回はそれぞれの“力”について、詳しく説明をしていきます。
各回、なかなかにボリュームのある文章になりますので、お時間のあるタイミングでお付き合いください。
もしくは、これらの文章の『速読』にチャレンジしてみてください。笑
(文章:個別コース講師 佐藤)

【速読紹介】vol.2はこちら!

もしよろしければ、「いいね!」をお願いします^^