(平成20年9月24日・総理官邸)より一部抜粋

このたび外務大臣を拝命致しました。大変変化の激しい国際社会におきまして我が国の国益を実現するために、私は外交の責任者としてしっかりと取り組んでいきます。
国会には各国の議会との友好議員連盟がたくさんあり、私はいくつかの議員連盟では会長や副会長、役員を務めております。そのような経験から、外交というものは政府間レベルのみならず、議員間レベルでの交流なども非常に重要であると感じていましたが、何よりも首脳同士の信頼関係を構築することが大事だと痛感しています。私は外務大臣として各国の外相等との信頼関係を築き、総理の外交の手助けをし、一体となってやっていきたいと思っています。
日本の安全と繁栄を確保することは我が国にとって大変重要な国益ですが、そのために私は日米同盟の強化に努力し、そして韓国や中国等の近隣諸国との協力関係の推進に真剣に取り組んでいきたいと思います。同時に北朝鮮の問題に関しては、拉致や核の問題、ミサイルの問題などを包括的に解決するために全力を尽くしてまいります。
さらに世界の平和と安定のために、国際社会に於いて日本の地位にふさわしい役割を果たすことが大変重要です。特に国際的なテロ対策への参画というものが必要であり、補給支援活動の継続のために全力で努力を続けてまいります。
私は明日から総理に同行して国連総会に出張致します。気候変動、アフリカ開発など、国際社会の諸問題に我が国が積極的に取り組んでいくことを総理と共に世界に向けて明確に発信していきたいと思います。また米国を始め、中国やその他の国々の外相などと精力的な会談を行ってまいります。よろしくお願い致します。