あぐりん村


*食と農の大切さを一人でも多くの人に伝えるために

農業のおかげで、人々はおいしいお米や体にいい野菜を食べ、毎日健やかに暮らしています。
そこで、“食べ物と農業”の大切さを広くお伝えするために、長久手町全体の一大プロジェクトとして「食と農の広場あぐりん村」を開村したのです。
取り扱う食材は長久手町や近隣エリアで獲れる旬のものが中心で、地元で収穫したものを地元で食べる「地産地消」を目指しています。


<「あぐりん村」名前の由来>
アグリカルチャー(農業)という言葉を、親しみやすくアレンジしたもの。


*食と農と人の深いつながりをおいしく食べながら知る

あぐりん村には、地元食材を使った健康メニューが話題の「ふるさと薬膳レストラン凛」、焼きたてパンが楽しめる「あぐりん村パン工房」、新鮮な地物が買える「農産物直売所 市・ござらっせ」の3つの施設があります。
地元の旬素材をふんだんに盛り込んだ、他では味わえないおいしさがいっぱいです。
親子で学べる食育コーナー、生産農家の方や地元のお母ちゃんとの会話も楽しみのひとつ。
食と農と人の深いつながりを、おいしく食べながら自由に感じ取っていただきたいと願っています。


▲戻る