【土用丑の日とは?】

日本の古い暦には、古代中国に端を発する自然哲学の思想“五行思想”(ごぎょうしそう)が非常に重要な影響を与えていました。

元々五行思想では、万物は木・火・土・金・水の5種類の元素からなると云い、暦に於いては春は木、夏は火、秋は金、冬は水を当てます。残る「土」は、それぞれの季節の変わり目の約18日を当てて、それを「土用」と呼びました。



では、うなぎと土用丑の日の関係とは?

まず、天然のうなぎの「旬」と云うのは、冬眠前の体に脂を貯めこむ秋から冬にかけてというのが、江戸時代の常識だったことを知っておいて下さい。江戸っ子は「旬」を大事にしましたから、「うなぎは冬に食べるもの」という考えが、一般的だったのです。

さて、時は江戸時代中期、安永の頃、夏に売れないうなぎを何とか売るため、ある鰻屋が学者であり日本の元祖コピーライターとも言われた平賀源内の所に相談に行きました。源内は、「本日丑の日」と書いて店先に貼ることを勧めたのです。当時は夏の土用丑の日には「う」の付くものを食すると夏負けしないという風習があったらしく、庶民はてんでにうどんやら梅干しやら瓜、卯の花などを食べていたのですが、そこに「ちょっと待った!うなぎを忘れてないですか」「うなぎは精がつきますよ!」と宣伝したわけです。すると、その鰻屋は大変繁盛したそうです。「なるほど、うなぎか!鰻屋め、うめぇこと考えやがったな!」「座布団一枚!うな重一丁!」てなものです。その後、他の鰻屋もそれを真似るようになり、土用の丑の日にうなぎを食べる風習が定着したということです。
 



実際に鰻にはビタミンA・B群が豊富に含まれているため、夏バテ、食欲減退防止の効果が期待できます。今ではすっかりうなぎ=夏の食べ物というイメージが定着してしまいました。平賀源内恐るべし!と云う他ありませんね。

うなぎはビタミンC以外のビタミンを全て含んだ栄養食ですから、季節の変わり目の体調を崩しやすいときに食するのは、理に適っているのです。夏は夏バテ防止に、秋は夏の疲れを癒すために、冬はインフルエンザや風邪から身を守るため、春は夏への体力増進のため。是非、四季の土用丑の日に、うなぎを召し上がって戴きたいと存じます。

2019年の土用丑の日は、以下の通りです。
冬の土用丑の日 1月28日  
春の土用丑の日 4月22日 5月4日
夏の土用丑の日 7月27日
秋の土用丑の日 10月31日

本当に旨いうなぎを食べたいなら、のだやで幻のうなぎと云われる共水うなぎ、そして新仔の三河一色産「かねみつ」を用いたうな重をお試し戴くことをお勧めします。尚、ほっぺが落ちないようにお気を付け下さいませ。