十一月のことを霜月と云いますが、一説には、「食物月(おしものづき)」の略とも云います。晩秋から初冬に向けて、脂の乗ってくるうなぎの、最も美味しい季節です。


そして11月の風物詩と云えば酉の市。浅草は酉の寺と呼ばれる鷲在山長國寺、そして隣り合わせの鷲神社が並んで市を成し、寺と神社両方の「おとりさま」にご利益をお願いできるのです。
 


江戸の昔より「1年の無事に感謝し、来る年の幸を願う」という酉の市。多くの露天商が立ち並び、福をかきこむといわれる開運・商売繁盛のお守り「熊手」を商う手締めの音があちこちから聞こえ、境内は大にぎわいです。今年のお酉様は三の酉まであります。午前零時に始まり24時間開催される酉の市。好きな時間にお参りすることが出来ますよ。さて、今年の酉の市、今までと大きく違うのは、今年、入谷鬼子母神門前のだやが出来たこと。酉の市の最寄駅と云えばメトロ日比谷線の入谷駅。お酉様の行き帰りに美味しいものを食べようと云うならば、のだやを素通りするわけにはいきません。今年から十一月と云えば酉の市。酉の市と云えばのだやのうなぎ。縁起の良い熊手を抱えて、是非のだやにお立ち寄り戴けますよう、お願い申し上げます。
 


◆2013年酉の市の日程

一の酉:11月3日(日)、二の酉:11月15日(金)、三の酉11月27日(水)