かねみつうなぎ 


三河一色の地では、歴史ある矢作川の表流水を用い、完全無投薬、オリジナル飼料により、安全で美味しいうなぎを生産しております。

のだやでは、十年前より、日本有数の養鰻業者である、三河一色の兼光淡水魚株式会社との間に、産地直送にてうなぎを流通させるために、うなぎの品質改良について提携を結び、共にうなぎ作りを進めて参りました。それまで関西風の地焼きのひつまぶしに特化したうなぎを養殖育成していた兼光淡水魚株式会社に対し、関東風のうなぎ調理に最適なうなぎ育成の必要があると感じ、また最高品質のうなぎの安定供給を図るべく、業務提携を結んだのです。    
つまり、現在のだやでお出ししている三河一色産うなぎは、まさに「養鰻の匠」と「うなぎ調理の匠」の努力と技の結晶。両者が一体となって作り上げた「匠のうなぎ」と言えるのです。 特に兼光の新仔は日本一旨いと絶賛されており、のだやでは、その中から更に厳選された新仔うなぎのみを使用しています。

六月初旬、全国に先駆けて解禁される兼光うなぎの「初うなぎ」シーズンは、のだや独自の企画ですが、全国のうなぎファンにとって、心躍る初夏の風物詩となるほど愛されております。
   
兼光のうなぎを知り尽した匠の技で、関東風の蒲焼・白焼、そして関西風の地焼き塩焼き、ひつまぶしと、素材の美味しさを最大級に引き出したお料理をご提供致しております。