わしょううなぎ

  
昨今、うなぎの稚魚の不漁、活鰻価格の上昇など、うなぎ業界に大きな逆風が巻き起こっております。うなぎの安定供給に対する危機感により、のだやでも新たなうなぎ産地との提携を模索しておりましたが、その中で出会ったのが宮崎県佐土原の地で育まれた「ひむか和匠うなぎ」です。
「和匠うなぎ」は、養殖うなぎの重要な産地である日向の国・宮崎県の佐土原の地で、二人の志高き養鰻家の手によって育まれたブランドうなぎです。温暖な気候、豊かな自然、美しき水の中で育てられたうなぎは、天然うなぎ以上の
美味しさ、天然うなぎ以上の栄養価を目指し、品質改良を重ね、養殖されております。

うなぎ本来の美味しさ、良質の脂質が特徴です。また、のだやの秘伝のタレにベストマッチと云える相性の良さ。のだやが自信を持ってご提供できる逸品が完成致しました。
日本の古い呼名「大和」の和、そして日本が世界に誇る「和食」の和と、美味しさに拘った鰻づくりの「匠」を合わせて名付けられた「和匠うなぎ」。
神話の国である「高千穂」から脈々と流れる地下水で育ちました「和匠うなぎ」ですので、宮崎の古来の地名でございます『日向(ひむか)うなぎ』としてご紹介致します。

今後、のだやの三本目の新たな柱として、皆様と共に育て上げていきたいと存じます。
どうぞ新たなブランドうなぎ『日向うなぎ わしょう』に御贔屓賜りますよう、お願い申し上げます。