国内最大級のサッカー・フットサル用品専門店。
安心の価格と圧倒的な品揃え!
知識豊富なプロの販売員があなたのスポーツライフを徹底サポートします!

シューズ考 vol.2

もうすっかり秋かと思いきや残暑が厳しい日もあり、体調管理が難しい数日ですが皆様いかがお過ごしでしょうか?

不定期で更新しますと宣言しましたシューズ考のvol.2~素材編~を綴っていきたいと思いますので、秋の夜長のお供に読んでいただけたらと思います。

ちなみにvol.1をまだご覧になっていない方は→vol.1はこちらから

今回も長文になりそうな予感ですので時間があるときに読んで下さい

前回はシューズのパーツについてお話しましたが、今回はサッカーシューズのアッパー素材について触れていきたいと思います。

ちなみに皆さんお店に来ると何故かアッパーをもみもみして帰りますよね(笑)
みんな大好き柔らかアッパー!…

そうなんです。みんなアッパーの柔らかさがフィット感に直結することを知ってるんです。

でも素材の本質は知らない。一部の人しか。
そこをご案内していきます!

「天然皮革」
動物の表皮から毛を取り除き「なめした」もの。
ちなみに「なめす」とは動物の皮を「革」にするために行う加工の事で、植物の成分であったり薬剤であったりを使用して行います。加工前→皮 加工後→革 

この加工を行うことにより、皮についた余計なタンパク質、脂肪など余計な物を取り除き、革が腐ったり、水分が抜けて硬くなったりすることを防ぐことができます。
またなめす段階で工夫をすることにより、柔軟性を持たせたり、耐久性を持たせたりと特徴のある革を作ることができます。ウォッシャブルであったり、タウラスであったりは、この段階で加工しているのかもしれませんね ̄ー ̄)ニヤリ

カンガルー皮革
ご存じ動物のカンガルーの革です。
特徴は薄い、軽い、柔らかい。
サッカースパイクでは最高級の素材として認識されています。
弱点は革自体がデリケートである為、耐久性が劣るという点です。

カンガルーにも種類があり、赤カンガルーと灰色カンガルーがメインで使われており、赤カンガルーの方が革が柔らかいようです。

カンガルー革を使用した代表的なスパイク
モレリアⅡ、DSライト3、レジェンドエリート、パラメヒコetc…


牛革
こちらもご存じ牛です。
牛革は細かく分類されております。
?カーフ
生後6ヶ月以内の子牛の革(生後3ヶ月以内は「ベビーカーフ」)
非常に柔らかくキメが細かい。
こちらも大変デリケートな革ですね。
「子牛」という限定がついている為、品質が整っており、カンガルーと同等、もしくはカンガルーより品質が良い場合もある。

カーフを使用した代表的なスパイク
エヴォタッチ1、プーマワン17.2、プーマワン18.2、ティエンポレガシー

?ステア
生後3~6か月に去勢された生後2年が経過したオス牛の革。
一般的には「牛革」はステアの事で、オックスハイドと表記されている物も大体はステアです。
厚みもそこそこあるので耐久性があり、柔らかさもそこそこあるので、使い勝手が良い天然皮革です。

ステアを使用した代表的なスパイク
レジェンドアカデミー、DSライトWD2

牛革は他にもキップやブル、カウなどがありますがサッカーシューズに使われることが少ないので割愛します。


「人工皮革」
今多いですね人工皮革。
メーカー各社がかなり力を入れて良い人工皮革の開発に励んでいます。
その理由は安定供給とコストダウンです。
天然皮革は動物の皮が材料である為、傷が入っていたり、個体によって採れる革の量が変わったりと供給が安定しません。
近年は動物愛護団体からの圧力があるとかないとか…

その点、人工皮革は人間が作っている物になりますので、決められた品質の物が常に安定して供給されます。
それに原材料が安いのでメーカーさんはさぞかし儲かっていることでしょう…

それはさておき、人工皮革は天然皮革の繊維組織に似せた形でポリエステルやナイロンを絡み合わせた物(基材)に、ポリウレタン、もしくはポリウレタンに混ぜ物をした樹脂で表面をコーティングしたものです。

最近よく聞く「マイクロファイバー」は柔らかい人工皮革=マイクロファイバーではなく、基材に使っている繊維の種類が「マイクロファイバー」なのです。
そのマイクロファイバーは繊維1本の太さが8マイクロメートル以下(髪の毛の約100分の1)の極細繊維であり柔らかさ、吸水性に優れるため為、タオルにも使われている素材です。

サッカーシューズに使われているマイクロファイバー人工皮革は、その柔らかい極細繊維を基材に使用している為、足なじみが良く、今では各社のトップモデルのスパイクにも使用されております。

ちなみにナイキさんの「カンガライト」やミズノさんの「プライムスキン」はカンガルー革の繊維組織をマイクロファイバーで表現した人工皮革です。

マイクロファイバーではなく、いわゆる低価格の「人工皮革」は基材の繊維が一般的太さのポリエステルやナイロンを使用したものになります。

マイクロファイバーを使用した代表的なスパイク
DSライトX-FLY SL、レビュラV2SL、テケラV1PRO、X18.1、ヴェイパーPRO


サッカースパイクのアッパー素材の世界はいかがでしたでしょうか。
ナイキさんやアディダスさんやプーマさんが使っているニット材はややこしくなるので今回は割愛させていただきます|彡サッ!

今回もかなりの長文最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

次は何を題材にするかはスタッフに希望を聞いて決定します(笑)

次回お楽しみに!