国内最大級のサッカー・フットサル用品専門店。
安心の価格と圧倒的な品揃え!
知識豊富なプロの販売員があなたのスポーツライフを徹底サポートします!

パシオンは靴紐の種類多くね?の謎

皆様、NEWモデルのスパイクの噂も聞かれる今日この頃。
いかがお過ごしでしょうか?

スパイク好きな皆様はスパイクコーナーをチェックされて行かれますが、そこで思いませんか?
「パシオン靴紐の種類多くね?」と。



シューズコーナーの奥に陣取るこの一角には様々な太さ、形状、素材の靴紐が置いてあります。

シューズはデザイン、機能、素材、軽さ、着用選手が注目されることが多いですが、紐を見てあげてください。






通し方、太さ、素材、通る場所。
メーカーさんの想いがぎっしり詰まっております。

紐の種類と通し方を変えてあげるだけでフィット感が変わります。
その究極型がプーマさんの「FUTURE」



アッパーに開いているホールのどこでも紐が通せてフィット感が調整できるというもの。
付属で長い紐もついてくるのでいっぱい紐を通したい方でも大丈夫です。

世界的に有名なブランドが靴紐にこだわってスパイク1モデル発売したってだけでもう靴紐を侮れませんね(^-^)

サッカーでは細くて平たいものが主流です。

ランニングやテニスでは丸や楕円形のものが入っている場合もあります。

最近流行りの圧縮タイプや滑り止めがついたグリップシューレースなんかも発売されています。

紐の通し方もホールに対して上から通す「オーバーラップ」と下から通す「アンダーラップ」
アウトサイドのホールドを上げたければアウトサイドだけオーバーラップにするなんてことをやったりもします。

話が長くなってしまいましたが、まとめると「靴紐大事」ってことです(笑)

このブログを読んで「よし!靴紐変えよう!」って方は是非パシオンに。
「靴紐なんかで変わんないっしょ。」って方も是非パシオンに!

「試合前に会場に紐結びに来てくれませんか?」って言われた知識とフィッティングお見せします( ̄ー ̄)ニヤリ