日本少年野球連盟ボーイズリーグ 福岡県北支部

チームブログ


2020年12月5日 : 第51回日本少年野球春季大会支部予選
11月29日(日)春季大会支部予選1回戦!
お相手は西田川ボーイズさん。
10℃を下回る寒さの中で試合はスタート。

先発投手はひびき

ボール先行の立ち上がり、先頭打者を四球で歩かせて、盗塁、犠打から4番打者に左中間を破られ1点を献上!
その後、バックのエラーも絡み、初回に3点を取られて背水スタート

1回裏、かずまの四球ときすいのレフトオーバー2塁打で1死2、3塁のチャンスを作り、バッテリーエラーの間にかずまが突っ込むも。。。
突っ込むも。。。。
突っ込むも。。。。。

好判断のスタート!キレあるヘッドスライディング!!
しかしながら、結果は、惜しくもタッチアウト(涙

その後は、互いに0行進
5回裏にりんたろうが決死のヘッスラで3塁内野安打で出塁

ベルト切れました

2盗後にいつきが打った打球がコロコロと3塁線を抜けて1点ゲット


7回表に1点をとられて、西田川ボーイズさん4~1飯塚RSボーイズで迎えた最終回
りんたろうがレフト前ヒットで出塁

続くたすけもライト前に落として1死1、3塁


いつきもレフト前にはじき返して1点奪取。西田川さん4~2飯塚RS。

2死1、2塁のチャンスも投手交代で流れを切られて試合終了。


さぁ冬トレ!時間は有限!可能性は無限!!
周りのチームに置いてかれないようにがんばれよ~!!
2020年11月22日 : 3年生大会 準決勝
続いて準決勝の相手は日出・別府合同チームさん。
先発ピッチャーは仁。6回の投球制限があります。


2回裏にフォアボールを選んだ涼起が仁のスクイズで生還し、聖も果敢にホームを攻めますが、惜しくもアウトに。



まずは1点を先制します。



3回表に1点を返されますが、続く裏、フォアボールで出塁のレオを二塁に置いて、湊が右中間に弾丸2ランホームランを放ちます!




4回には昨日に続き涼起のライトフェンス直撃から始まり、レオのライト前ヒットと攻撃の手を緩めないライジング。



追加点をもぎ取ります!

6回は聖のレフト前ヒットから始まると、代打カズがキッチリ送りバントを決め、レオ、ヒデがフォアボールで出塁すると、湊、勇哉の連続ヒットで3点を追加。
仁の好投にバックも応えます。




あと1点でコールドゲームでしたが、試合は7回へ…

このタイミングで監督は金婚式のお祝いで一足先に球場を後にします。

仁は投球回数を使い果たしたため、ここでピッチャー大知に交代。



3年生になり背が伸びて、球速も伸びた大知。簡単に2アウトに追い込みます!


しかし最後のアウトがなかなか取れず、声をかけ合います!


スタンドで見守る保護者もハラハラ…監督も心配して何度も電話をかけてきます。
ここでピッチャー涼起に交代。



突然の登板で西田アナウンスの声も震えます…が、ライトフライに打ち取りゲームセット。



7-4で勝利し、明日の決勝へ駒を進めます。途中のハラハラも含め、ライジングらしい試合でした!



ギリギリの人数で闘う3年生。今日はこんな珍しい姿も見れました~!


選手たちは全員旅館にGO TO。
決勝へ向けて、結束も強まります。
明日もがんばれ!ライジング!

2020年11月22日 : 3年生大会 2回戦
3年生大会2日目。2回戦の相手は好打者の揃う、熊本泗水ボーイズさん。


ピッチャーはカズ、キャッチャーは裕也のバッテリーで挑みます。




初回に1点先制されるも、取られたら取り返す飯塚打線。



フォアボールでヒデが、センター前で湊が出塁すると、








アンディのタイムリー、裕也の犠牲フライ、涼起のライトフェン直、聖のセンター前でいっきに4点を返します!

2回には先頭打者にソロホームランを許すも、攻撃からリズムに乗った好守備が続きます。




デッドボールで出塁の湊を、勇哉が返し、取られたら取り返します!




3回から泗水さんはピッチャー交代。
3回には聖、4回にはレオがヒットで出塁しますが、惜しくも得点ならず。






















膠着状態で迎えた最終回。

これまで毎回出塁の好打者をここでセカンドゴロに打ち取ると、3人できっちり抑えたカズ。


5-2で勝利し、準決勝へ駒を進めました!




2020年11月21日 : 3年生大会1回戦
21期生最後の公式戦、3年生大会は、温泉県大分で開催されました!
1回戦の相手は福岡県南支部の強豪・筑後ボーイズさん。


先発ピッチャーはじん。キャッチャーは裕也のバッテリー。



テンポよく打たせて取るナイスピッチングです。

1番ヒデ、2番湊がフォアボールで出ると、4番アンジの挨拶代わりのタイムリー三塁打!

さらにツーアウトから聖のタイムリー内野安打で、初回3点を先制します!

毎回ツーアウトからでも点が取れるライジング3年生。


2回には勇哉が、


3回には仁がタイムリーを放ち、毎回得点。



ダブルプレーでセカンドベースを踏ませない内野陣と、アメリカンで鍛えられた外野陣による堅守。











4回にはランナーを貯めてから聖のタイムリースリーベース!






最後は代打の大知がライト前ヒットで10点目を決め、10-0のコールドゲームで幸先良いスタートをきれました!







ダブルヘッダーの予定が、急きょトーナメントが変更になったので、今日は1試合で終わり。
お弁当を食べて、空いた時間で四葉のクローバーを探しに公園へ

ノックの神様が四葉を見つけたので、ご利益たっぷりです!

明日もがんばれライジング!

※選手写真の無断転載はご遠慮ください。