台風がくるとどんな気持ちになりますか?

こんにちは♪
あくあえんじぇる 中村清美です。

現在、台風9号が上陸するようで、朝から大雨と大風が
吹いています。
雨の中、息子を連れて学童保育に行きましたが、
帰りにはまさに土砂降り状態でした。(^^;)

私は北海道出身なので、台風ってそれほど来なくて
年に1,2回のイメージ。
なので、不謹慎かもしれませんが子どもの頃には
ちょっとしたイベントのような感覚でした。

と言っても、学校が休みになるとかもないので
今の子どものように親が送迎するとかもなく、
自宅から離れた学校へバスで通っていたので
ずぶぬれで登校していたんですけどね。(笑)

それでも、大人になってもその感覚は残っていて
ちょっとワクワクしてしまう自分がいます。

こんな風に、子どもの頃に感じていた事、思っていた事
って大人になっても心の深い所に残っていたりします。
普段は忘れていて、思い出さないのですが、
その季節や時期、時間になるとふっと上がって来て
感情が親もやもやしたり身体がだるくなったりして
心と身体の過去の『感情の記憶』を感じる方もいます。

先日、講座を受けに来た方に前回受けてからの
間に起きた出来事をシェアしてもらいました。
Kさんは、ずーっと身体が重くて眠くてたまらなかった、
そう話してくれました。

確かに時期的に『満月』は浄化や手放しの時期なので、
その前後は特にいらない感情や想いは上がってきやすい
のですね。
そんなお話をしながらKさんの話を聞いていました。

それでも『稲刈り時期なので、両親の手伝いを無理して
やっていました。』
そう言われました。

ふと、何気なく私はKさんに
『もしかしたら稲刈り時期にいつもご両親が仕事で
忙しくて「淋しい」って感じてませんでしたか?』

その瞬間に、Kさんの涙がポロリ。
本人も気がつかなかった過去の「淋しい」と言う記憶が
身体や気持ちに現れていたのですね。
しっかりその感情を感じてもらい、
「淋しかった子どもの頃の自分」
を認めてあげる事ができました。(*^-^*)

隠れた感情は、『声に出す』と気づきやすいです
よ。
その方法は、メルマガでもお知らせしますね。

今日は、これから講座修了生さんたちとランチ会です♪
台風ですが、みんな集まりたいとのことで決行します!


2016年8月22日