セッションを受けると悪い感情は感じなくなりますか?

Q: 講座やセッション、アロマを使えばネガティブな感情はなくなりますか?

A: いいえ、無くなりません。
  感情は、人間に与えられた最高のギフトだからです。




どんな素晴らしいセッションやツールを使ったとしても、
感情そのものを無くすことはできません。
無くなったとしたら、ただのロボットかAIと変わらなくなりますよね。

でも、なぜ苦しい辛いと感じるのでしょうか。
ストレスを感じると身体にも反応が出てきて、
胃が痛くなったり、頭痛がしたり、食欲がなくなったり、
酷い場合は、蕁麻疹や全身が動けなくなることもあります。

ですが、多少のストレスも人間が生きていくために必要なもの。
ストレスは悪いものではなくて、「慣れない体験」をしているだけ。
子どもが成長するときは、必ずストレスがついてきます。
例えば、保育園に入って初めてお母さんと離れる時。
例えば、下の子が生まれて、今まで独り占めしていたお母さんが
取られたように感じる時。
例えば、新しいプロジェクトを任された時 など

ストレスが悪いと思ったら、かわいそうだから
保育園にいかせませんか?
1人っ子にしておきますか?
責任のない仕事ばかり任せてもらいますか?

小さい頃から、少しずつストレスに慣れていけば
大人になってからはそれほど大きな影響はでないのです。
ですが、悪いものと思っていると苦しいし辛いのです。

だから、感情は常に感じていいもの、あっていいものと思ってください。
良い感情も悪い感情もなく、私たちが勝手にそうレッテルを貼っているだけ。

でも、どうしてもその感情から抜け出したい!!
そう思うこともありますよね。
そんな時に、アロマは大活躍です。
感情と脳の科学から作られた6本のブレンドオイル。
自分の感情を自分でコントロールすることができるのです。
そんな感情のアロマの使い方や感情を感じる体験、
その中から今の自分を応援してくれる1本から
心の状態を心理分析する『アロマアナリーゼ』を
開催します。

詳細はこちら
『感情の解放とアロマアナリーゼ』グループセッション

2019年7月4日