今回のブログは我々グラピッグの地元、大河ドラマの舞台にもなった掛川城を紹介するぞ!
紹介するのはこの俺、グラピッグ界一グラサンが似合う”スミス”だ。

掛川城

まずは外観。
小高い丘の上に建てられているから遠くからでもよく見えるぞ!
大坂城や姫路城ほど大きくはないが立派なお城だろ?


掛川城

掛川城に入るにはかなり急な坂を登らないといけない。
階段の段差がきつく短足もとい豚足の俺たちには厳しい城だ。


霧吹き井戸

城の入口にあるのがこの”霧吹き井戸”だ。
こいうは徳川家康が攻めてきたときこの井戸から霧が立ち昇り城を覆い隠してしまい城を守ったという伝説の井戸なんだ。どんな名将でも前が見えなければ戦えないからな!



ここから先のお城の中はマネーが必要になるから自分の目で見て確かめてくれ。
場内には土佐漆喰で作られた壁がどういう構造になっているか実際に見ることが出来るぞ!



掛川城

お城は裏手から登り降りすることもできるぞ!
帰りはぜひこちらから帰ってくれ。
このあと紹介する二の丸御殿や美術館、食事のできる茶室や竹の丸へ向かうことが出来るぞ。



十露盤堀

三日月堀

二の丸御殿に寄る前にちょっと寄り道。
上が十露盤堀(そろばんぼり)下が三日月堀だ。
城を守るのは兵士だけじゃないってことだな。
昔は堀と堀の間に穴が空いていて水位が一定になるように調節されていたみたいだぜ。
よく考えて作られてるよな。



二の丸御殿

さてお待ちかねの二の丸御殿だ。
御殿っていうのは簡単に言うと普段城主が生活したり仕事を行う場所だ。
いつもお城の中にいたわけじゃないんだぜ?
天守閣は復元だがこの二の丸御殿は現存、つまり当時のままってことだ。
その為、国の重要文化財に指定されているぜ。



とここまで駆け足に紹介してきたがどうだい?実際に見てみたくなったかい?
掛川は実は東京から新幹線で2時間、名古屋から1時間で来れる場所にあるんだ。
しかも掛川に停まる”こだま”は空いてるから座れるんだ。すばらしいだろ?
よかったらぜひ遊びに来てくれよな!


御城印

そうそうさっき紹介した二の丸御殿では最近流行りの”御城印”も扱っているぜ。
残念ながら左のカラフルのやつは限定版だから今は右の方しか手に入らないがぜひ手に入れてくれ。




?Gg[???ubN}[N??