本や冊子の製本には、色々な綴じ方があります。
今回は代表的な「中綴じ」「無線綴じ」を紹介します。

本づくりの基礎知識

中綴じ
二つ折にした紙の折目の部分(背と言います)を針金で留めます。耐久性を求められない週刊誌や広報誌、情報誌などや、薄型の冊子に用いられています。製本の形式上、必ず4の倍数のページでなければいけません。(8P、12P、16P…)ページ数が多い冊子には不向きです。背にあたる部分がないので、背文字は入れられません。大きく開きますので、見開きの写真や図など入れるのに向いています。
中綴じ


無線綴じ
糸や針金を使わないで、本の背を糊で固めて綴じます。中綴じと比べるとより多くのページ数を綴じることができ、丈夫で耐久性があります。
無線綴じは使われる冊子の種類も多く、文庫本、作品集、文集、自分史、論文、資料、カタログなどに使われます。ページ数や紙の厚さにもよりますが、背幅ができるため、背文字を入れる事も出来ます。ただし綴じの仕組み上、開いたときにセンターに見づらい(読みづらい)部分が出来ます。見開きの写真や図などには不向きです。
無線綴じ

断面図
中綴じ無線綴じ

そのほかにも「平綴じ」「糸綴じ」など様々な製本方法がありますが、本の種類によって使い分けるのが一般的です。


本づくりで、分からないこと、聞きたいことなどがありましたら、お気軽にお電話または当社HPお問い合わせフォームからお問い合せ下さい。

~創業50年豊富な実績 冊子印刷おまかせください~
―――――
掛川 菊川 袋井 ホームページ制作 幸栄グラフィック
幸栄グラフィック
~サクッと簡単更新!ホームページ~
―――――

#幸栄グラフィック#本の製本#中綴じ#無線綴じ#掛川市の本制作会社#掛川市のホームページ会社#掛川市の印刷会社#冊子印刷#オンデマンド印刷#短歌集#詩集#句集#記念誌#自分史#作品集#自費出版#掛川#菊川#袋井#グラピッグ#
?Gg[???ubN}[N??