本には各部位にそれぞれ名称があります。
今回は上製本の冊子を例にあげて紹介します。

本の名称

本を作る時に、各部の名称を知っていると、見積もり依頼や打ち合わせなどスムーズに進みます。
今回は本の外装部分に絞って紹介します。

本の名称

天(てん)
本の上側の部分です。
地(ち)
本の下側の部分です。
背(せ)
本を束ねている部分です。
小口(こぐち)
本を開く側、背の反対側です。
のど
本を綴じている側、小口の反対側です。
ジャケット
表紙の上にかけられている紙です。「カバー」とも言います。表紙の傷みや汚れの防止が本来の目的ですが、本の見映えを良くするため様々なデザインや素材を施し、本の「顔」としての役割を担います。
帯(おび)
別名「腰巻き」とも呼ばれるカバーの上に巻く紙です。その本の魅力をアピールするため、内容の説明文やキャッチコピー、推薦文などを印刷します。
見返し(みかえし)
表紙と中身の接合を補強するため、表紙の内側に貼られた二つ折りにした紙です。 一方は表紙の内側につけ、中身に接する残りの一方を「遊び」ともいいます。表紙や本文とは異なる丈夫な紙が使われるのが一般的です。
扉(とびら)
見返しの次にくる最初のページで、書名・著者名などを記されるのが「本扉」、本の内容の区切りとして設けられ次ページから始まる章や短編の表題が記されるのが「中扉」と言います。本文とは違う紙を用いるのが一般的です。
溝(みぞ)
表紙の両面、背の近くに刻まれている文字通りの「溝」です。本を豪華に見せ、開きやすくするための加工です。
束(つか)
本の厚さのことです。
ちり
表紙の三方が本文より約 3 ㎜程度大きくなっている部分です。
背文字
書物の背表紙に付けられる書名、著者名などの文字です。

次回は、本の中身、本文の名称について紹介いたします。

本づくりで、分からないこと、聞きたいことなどがありましたら、お気軽にお電話または当社HPお問い合わせフォームからお問い合せ下さい。

~創業50年豊富な実績 冊子印刷おまかせください~
―――――
掛川 菊川 袋井 ホームページ制作
幸栄グラフィック
~サクッと簡単更新!ホームページ~
―――――

#本の名称#本の基礎知識#上製本#掛川市の本制作会社#掛川市のホームページ会社#掛川市の印刷会社#冊子印刷#自費出版#グラピッグ
?Gg[???ubN}[N??