本に使用するにも色々な種類があります。
本のジャンルや目的に合わせて、も使い分ける必要があります。
今回は本に使用する紙について代表的なものを紹介します。

紙の種類

本に使用する紙の定番として、コート紙、マットコート紙、上質紙などがあります。

コート紙
コート紙とは上質紙の表面にコート剤が薄くコーティングされた紙です。光沢があり、表面の平滑度が高く着色効果が高いのでカラー印刷の発色が美しく、彩度の高い写真やイラストの印刷に向いています。写真集・雑誌や本の表紙、カタログ・ポスター、チラシなどに使われています。
ツヤがあり滑るので、筆やボールペンによる書き込みには不向きです。記入を目的とした用途の場合は、避けたほうが良いでしょう。

マットコート紙

表面の光沢を押さえたつや消しが施され、表面はサラッとした紙質で、しっとり落ち着いた雰囲気を出す紙です。色の発色はコート紙に近いですが、コート紙のようなツヤが無いので、少し彩度が落ちて上品で落ち着いた雰囲気を出すことが特徴です。平滑度はコート紙よりも劣ります。コート紙より筆やボールペンでの書き込みには向いています。コート紙同様、写真集・雑誌や本の表紙、カタログ・ポスター、チラシなどに使われています。

上質紙
原料を化学パルプ100%にて製造された用紙のことです。塗料は塗布されていません。
この上質紙を加工してコート紙やマット紙などになります。
一般的なコピー用紙と同じで、光沢や艶が少なく、筆やボールペン、鉛筆でも書き込みが可能です。平滑度が低いため、インクが沈んだような落ち着いた感じになり、発色は良くなくカラー印刷には不向きです。黒一色など単色印刷の本文にお勧めの用紙です。
厚さは、55kg、70kg、90kg、110kgがよく使われます。70kgが一般的なコピー用紙と同じ厚さです。

色上質紙
色のついた上質紙です。
本・冊子の表紙やトビラ、パンフレット、単色印刷のチラシなど幅広い用途に使われています。色が豊富なので、雰囲気に合わせて好きな色を選べます。

本づくりで、分からないこと、聞きたいことなどがありましたら、お気軽にお電話または当社HPのお問い合わせフォームからお問い合せ下さい。

~創業50年豊富な実績 冊子印刷おまかせください~
―――――
掛川 菊川 袋井 ホームページ制作
幸栄グラフィック
~サクッと簡単更新!ホームページ~
―――――

#コート紙#マットコート紙#上質紙#本の紙の種類#本の基礎知識#掛川市の本制作会社#掛川市のホームページ会社#掛川市の印刷会社#冊子印刷#自費出版#グラピッグ
?Gg[???ubN}[N??